弁護士法人福田・木下総合法律事務所

経営者の労務管理

従業員問題や組合問題でお悩みの経営者の方へ

 当事務所では人事・労務問題に積極的に取り組んでおり、これまでも使用者側・経営側で多数の事件で代理人を務めております。

 個別的労働問題では、解雇、整理解雇、リストラ、未払い時間外手当、雇い止め、労働条件の変更、降格、セクハラ・パワハラ、従業員の不祥事等の問題につき、相談、示談交渉、労働審判、訴訟等を多数手がけております。

 集団的労働問題(組合関係)でも、示談交渉、団体交渉の立会・代理、労働委員会対応、中央労働委員会対応、労働委員会の命令の取消を求める行政訴訟、組合に対する損害賠償請求等を受任しています。 

 使用者側に立ち労働問題に豊富なノウハウを有す当事務所は、労働問題にお困りのお客様のお役に大いに立てるものと自負しております。

 なお、顧問契約を締結していただくことにより、訴訟等以外の従業員問題・組合問題については、ほぼカバーされますのでご検討いただければ幸いです。

ページのトップへ戻る